ハンドメイド作家さんをデザインで応援します!

menu

ZUKKY Factory

アムリタロゴ案

amrita(アムリタ)とは、私が所属しているクリエイターチームです。
*「アムリタ」とは、神話に登場する「神の水」という意味の言葉です。

本気で成功を目指すクリエイターが集まり、その個々の活動を応援し、
時には共にビジネスをする事もある。そんなグループです。
個々のメンバーは本業が多忙な中でも、イベントを開催したり
自身の専門外の仕事は他のメンバーに協力要請したり
現在、手探りで進んでいる所です。

前回の「amrita(アムリタ)ロゴが出来るまで 前編」に引き続き、
アムリタのロゴデザインが出来るまでのストーリの続き。
完成に至るまでをお話します。

ロゴのラフ案とコンセプトは
アムリタメンバー、イラストレーターのマリサさんが考えてくれました。
そのラフとコンセプトを元に、私は下のバリエーションを4案程考えました。

アムリタロゴ案

A案はマリサさんラフをほぼそのまま再現したもの
B案はまりささんのコンセプトはそのままに
ゴシック系で作りました。

ーーーー↓点線内は私の意見で、当時、メンバーに伝えた内容の抜粋です↓ーーーーー

A案は「女性へのサービス」のイメージが強目な気がします。
ヘルシー系、健康系商材(ミネラルウォータの販売、健康食品、ナチュラル系のエステ?)を扱う会社のイメージです。
一方B案はゴシック系。
ゴシック系は男女年齢問わず、という方向性で、私はこの方向性がいいと思っています。

C案は、水の持つ「変幻自在」なイメージから
「クリエイトする集団」という事をアピールしてみましたが
ちょっと奇をてらい過ぎ?スライムなどを彷彿とさせるでしょうか?

D案は「作る」「創る」がメインとなっています。
「クラフトマンシップ」や「丁寧に作る」を「手書き感」で表現しました。
私は個人的にとても好みですが、スマートな感じからは離れてしまうかな…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらをメンバーに伝えて、検討してもらうと…

「Bはア◯ィダスみたい」
「Aは古い感じ?いやそんな事無い!」
「Aの流れる感じは大事」
「Dいいけど、ちょっと弱い」
「Cはかわいいがキッズラインに向いてるかも」
「Aは看板などに良さそう、Bは商品ロゴに向き、Cはサイト向けか?」
などなど…

B案押しの私でしたが、
みんなの第一印象の意見は見事に割れてしまいました(笑)
みんなの意見を取り入れて、私なりに消化し、更に修正を進めました。

アムリタロゴ修正案01

この修正案をメンバーで再検討。
A案のみもう少し「水」というイメージが現れるように「セリフ」部分を
微調整して再提案しました。
(修正したA案の微妙な違い、分かりますか?)

アムリタロゴ修正案01

この辺りまでくると、各案がしっかり固まり、この3案に絞られました。
そして…協議の結果B案に決定!

アムリタ完成ロゴ

みんなの意見をまとめるのって難しいですね(^_^;)
いつも私とクライアントで進めてゆくので、ここまで多方面からの意見を貰って進めることは
かなり珍しいケースでした。

それでも「共通のコンセプトに賛同しているメンバー」であるせいでしょうか?
最後は不思議とひとつ(最終案)にまとまりました。

ロゴも決まり、メンバー間でのお試しイベント開催など
活動を模索し始めています。
これからも、試行錯誤しながら進んで行きます。

このロゴマークをお見せする機会がもっともっと増えますように…

amrita(アムリタ)の活動、応援宜しくお願いいたします!!!

20140302_957618
▲amrita(アムリタ)のFacebookページ

amrita(アムリタ)Facebookページ

イラストレーター 花咲マリサ Webページ

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


“料金一覧表”

“デザイン例”

“ロコデザインスタートアップキャンペーン”

過去の記事(月別)