ハンドメイド作家さんをデザインで応援します!

menu

ZUKKY Factory | デザイナー ずっきー

ミシンイメージ

今回は「縫製の内職さん探し」について経験談をお話しします。
布小物などのハンドメイド作家さんにとって
少しでも参考になれば嬉しいです。

デザイン業の傍ら、布雑貨のハンドメイドもしている私は
縫製の内職さんをずっと探していました。
デザインの仕事が増えて来るにつれ、布雑貨を作っている時間が絶対的に不足していたのです。

内職さんを探す為に2つのサービスを利用しました。

・縫製のクラウドソーシング nutte[ヌッテ]
・公の内職あっせんサービス(東京都内の該当する区が無料で行う)

結果、区の内職あっせんサービスで
経験豊富な内職さんと出会う事ができました!
nutteは登録だけしましたが、ポーチの仕様書(作り方を解説したもの)
を作るのが面倒だなーと思いながら時が過ぎ…
募集記事を掲載することはありませんでした…。

という訳で私が経験したのは、
たまたまラッキーな出会いを果たした
区の内職あっせんサービスのみではありますが、
とても良かったのでメリットとデメリットについてまとめてみました。

【区の内職あっせんサービス メリット・デメリット】

▼メリット
1. 掲載が比較的簡単
2. 紹介手数料が無料
3. 工賃交渉などを直接行える
4. 地元・近所の人を探すのに最適
5. トラブル時に相談できる人がいる

1. 掲載が比較的簡単
募集記事を載せて貰うのは簡単でした。
一度、実際に係の方が仕事場に赴いてくださり、
募集条件の聞き取りがあります。
(ネット上だけ、電話だけ、申込書の記入だけで手続きを完結することは出来ませんでした)
係の方の訪問は「視察目的」もあるのでしょう。

2. 紹介手数料が無料
区が運営しているので、紹介手数料は無料です。
工賃をあまり多く支払えない私にはとても助かりました。
因みに前述のnutteでは、紹介手数料は20%かかります。
マッチングサイトで内職さんを紹介頂くと手数料が掛かる場合が多いです。
ご自身が在住している地域でもきっと同様のサービスがあるはずです!
東京都なら「◯◯区 内職あっせん」などで検索すると簡単に見つかります。

3. 工賃交渉などを直接行える
最低賃金が定められているので、それは守った上でのお話ですが
工賃の交渉も内職さんと直接交渉することが出来ます。
私の場合は、
■最低賃金
東京都婦人既製洋服製造業最低工賃
■一般的な工賃の相場
nutteなどマッチングサイト、クラウドサービス等の募集内容を参考に
■自社の原価率
以上の3つを比較検討して工賃を決めました。
東京都が定めている「東京都婦人既製洋服製造業最低工賃」はあくまでも洋服の内職なので
布小物に当てはめるとどの程度なのか?は適当に考えました。
*最低賃金と聞くと最低「時給」を思うかも知れませんが、
内職はバイトやパートとは異なる雇用形態なので、該当しません。

内職さんに金額を提案し、了承して頂きました。

4. 近所の人を探せる
材料となる生地や糸を内職さんに送ったり、
完成品を送り返して貰う際の送料は馬鹿になりません。
自転車で行き来出来る距離の内職さんを探すには
区のサービスは地域密着型(近くの人しか募集してこない)なので最適です!

5. トラブル時に相談できる人がいる
もし、トラブルがあっても双方が区に相談出来ます。
実質的には「直接契約」ですが、
いざという時に相談出来る方がいるのはやっぱり心強いです。

ここまでメリットしか思い当たらないと思う程
いい事ばかりなのですが
勿論、以下のようなデメリットもあります。

▼デメリット
1. 地域限定なので人材が限られている
2. 民間と異なり、応募するサイトを見る人が限られている
3.故に採用までに時間が掛かる

限られたエリアの人に向けて発信されているので、
「◯◯在住の方」など応募条件に通勤エリアを限定される場合が殆どです。
これは仕方がないですよね。

その分、人材も限られて来ます。
また、区の運営で営利目的ではない為に、情報の露出が少ない(営業力、宣伝力が弱い)と考えられます。
私の場合は掲載から最初の応募があるまで半年も掛かってしまいました。

【結論】
「さらに代打の内職さんを探そう!」

今回はスペシャルラッキーにたまたま恵まれ、
経験豊富で人柄も申し分ない方と契約できました!
が、採用までに時間掛かり過ぎなのはかなり問題だなと思いました。
(他の手段を取らずに放置していた私のせいでもありますね…)
また内職さん一人だと、代打がおらず(私が縫製は最小限・最終手段にしたい)
十分とは言えません。

これから更に一人、二人と必要な時にだけ依頼できる方を探す予定です。

公の斡旋サービスからの反応を待っているだけでなく、
知人のママさんに内職さんを探している旨話す、器用そうな方に目星を付ける等
身近なところで声掛けをしようかなと思います。

特にミシンが大好きだけど子育て中で仕事をセーブしているママさんや
同じく洋裁が得意で経験豊富なご年配の女性!
巡り会えると良いなぁ…。

※マッチングサービスは私にとっては△
検討しますが、材料の発送・納品時の送料、タイムラグを考えると
自転車・徒歩圏内の方をと思っています。私の場合は合わないかもです。

という訳でまだまだ内職さん探しが続きます。
また、内職さんについて動きがあればレポートしますね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


“料金一覧表”

“デザイン例”

“ロコデザインスタートアップキャンペーン”

過去の記事(月別)