コロナワクチン1回目接種

7月13日(火曜)にコロナワクチン1回目打ちました。

とある個人病院でキャンセル待ちをしていたら、
すぐに打つことができました。

葛飾区はワクチンの供給が不足していて接種予約が取れないと
もっぱら噂になっていたので、
こんなにあっさりと早期に打つことができてびっくりしています。

「予防接種クーポン」に書かれている予約日に医療機関に電話をしても、予約取れず。
朝9時に電話をした人たちの中で予約取れた人もいたはずですが、即終了でした。

私はできればかかりつけ医で受けたかった(咳喘息があるのでやや不安…)ので、
予約開始日の朝9時半くらいに電話するも話し中。
10時、11時にも掛けたけどいずれも話し中で諦めました。

翌日は電話は繋がるものの、予約受け付けが中止されていて、予約できませんでした。
(区の方から予約を受けないよう、病院側にお知らせが来たそうです)

この時点でかかりつけ医、一件しか電話していなかったので、
診察券を持っている(普段は受診していないが過去に通院したことがある)
近場の個人病院に5件電話してみました。

が、殆んどが受付予約受付はしていないと言う返答でした。

一件だけ予約の取れた病院がありましたが、だいぶ先のスケジュールで9月15日。
とりあえず、その病院で予約を取りました。

そんな時にお友達から
「当日キャンセルが出ると打てる病院があるよ!」
と教えてもらいました。

情報はTwitterに載っていると言われて、普段活用していないTwitterを開きw
紹介してもらった病院のアカウントをフォロー。
コメントをチェック。

そこには
毎日キャンセルが出るので空きが出たら連絡します。キャンセル待ち希望の方はメール下さい」
という趣旨の説明がありました。

早速メールすると1時間くらい?のうちに電話が!
今日キャンセルが出たのでこれから来れますか?」とのこと!

あまりの急展開に驚きましたが、早めにワクチンを打ちたかったので
「これから行けます」とお返事しました。

さらに在宅ワークをしていた旦那さんも一緒に受けられるとの事で、
仕事の合間に2人揃って受けることにしました。

(予約した後で、副反応が2人共強く出たら共倒れでまずい、ってことに気付いたのですが、初回の副反応は軽めという傾向を信じて、打ってしまう事に。)

当日キャンセルが出てしまうと、解凍したワクチンが無駄になっちゃいます。
そうならないように、その日のキャンセル分を他の方に回す工夫をされていました。
私のようにフリーランス、在宅ワーク、主婦などで時間の融通がきく人じゃないとこのサービスは利用できませんが…
この方法なら、ワクチンが無駄にならず良いですね!

TwitterなどITを活用している個人病院も全てではない(まだまだ少ない)と感じます。
病院のIT化はもっと進めてほしいと思いました。

ワクチンの技術、Twitterとそれを動かすIT、そしてそれを活用している病院。
全てに感謝です。

副反応どうだったか、予約方法の裏ワザなどについては
また改めて書こうと思います。
ではでは~

[ずっきーの余談]
久しぶりに個人的な内容のブログを書きました。
ホントに文才がないなーと思いますが(笑)
なんだか書きたくなったんですよね。
ブログはデザイナーらしく、デザインの事だけ!と固く考えがちだったんですが、
人間なので、普段の生活の事、子育てや家事、医療の事など少しでも誰かの参考になれば嬉しいです。
文章を書くことで、私の思考と気持ちを整理する目的も多分にありますが…