コロナワクチン1回目の副反応と予約裏ワザ

今朝、間違えて聖火リレーが見られると思って沿道まで行き、
誰も居なくて中止に気づいたずっきーです。

前回の続きです。
先日、7月13日にコロナワクチン接種1回目を終えました。
(前回の記事はこちら「コロナワクチン1回目接種」

今回はその副反応についてちょっと書きたいと思います。

【コロナワクチン1回目の副反応】
1回目も2回目も個人差はあるけど、副反応は出るらしい。

とは事前に知っていたので、ある程度予想していましたが、
幸い1回目の後は打って2時間くらい経過してから、翌日一杯くらいで
腕(打った周辺)が痛くなっただけでした。

生活に支障ないレベル。
発熱・倦怠感なども無し。

腕が痛くて寝返りが打ちづらい。
腕が痛くて洗濯物を干せない。
腕の痛みで就寝中に目が覚めた。

などの経験談も聞いていたけど
そのような事もありませんでした。

今年45歳なので、年齢的に若い方の方が副反応強めに出る、とも聞くので、
年のせいかもです(笑)
因みに、同タイミングで接種をした旦那さんは私以上に副反応が穏やか。
僅かに腕が痛くなっただけ(痛みというより、違和感レベル)でした。
因みに旦那さんは私より4歳年上です。

年齢が近いママ友が私より副反応が重め(1回目の翌日、強めの腕の痛み&倦怠感)だったので
やっぱり、一定の傾向はあっても
一概に年齢と相関するとは言えないのですねー。

【予約の裏ワザ】
私はワクチン予約は電話、とインターネットでしたが
もう一つ…すごい裏ワザを発見しました。
それは…

「直接医療機関の窓口に行く」

これ、地味に有効でホントに取れるケースがあります。
私はご近所さんやかかりつけ歯科医さんで教えて貰いました。

電話で予約しようとすると
「予約受付け終了。再開未定。」
と言われたのに、直接病院に行ったら予約できた。
というケースが確かにありました。

出向かなくちゃいけないし、撃沈する可能性も大きいけど
どうしても早く近場で打ちたい方などには有効な方法かも知れませんね。

以上、コロナワクチン1回目接種の副反応と予約裏ワザについて書きました。

自衛隊が行なっている「大規模接種」や地域で行なっている「集団接種」も
予約がすぐに一杯になり、まだまだ東京は供給不足です。

区によっても違いがありますが、葛飾区は遅れています。
オリンピックには間に合わなかったですね。
早く接種したい人が接種できる状況になりますように。
少しでも参考になれば…

▼葛飾区Webページ情報▼
新型コロナウイルスワクチン接種について
接種券送付スケジュール、個別接種予約開始日、集団接種予約開始日
予約方法などについてチェックできます。
多言語対応の相談窓口、大規模接種センターのリンクも記載されています。