ハンドメイド作家さんをデザインで応援します!

menu

ZUKKY Factory | デザイナー ずっきー

メイカーズベース シルクスクリーン

先日、ずーっと気になっていたシルクスクリーンを体験してまいりました☆
場所は目黒にあるシェア工房「Makers’ Base

20141002_1273743

今回はトレーニングと言って、今後シルクスクリーンをこちらの工房で作業するには

まず誰もが受けねばならない有料の講習です。
(参加費:会員:3,240円 一般:4,320円)

知識、経験ゼロの私でしたが、一から丁寧に教えて頂きました。

紗を貼る
▲版となる「紗」を貼る行程

全く勝手が分からないので、無駄に緊張(^^;)
この木枠や紗を貼る接着剤等は無料。
施設利用料は別途かかるので、利用料に込みという事ですね。
紗は有料です。

露光
▲露光の行程

大型の版までラクラクOKな巨大なマシン(露光機)を使用しました。
デザインの通りに、インクを載せたい部分だけが抜けるイメージです。

インク
▲インク類は無料!

顔料と染料。仕上がりの風合いと、行程が異なるこの2種類のインクが使えます。
今回は比較的加工がしやすい顔料で刷りました。

シルクスクリーン刷る
▲これから刷ります!(エア刷り中)

シルクスクリーン刷り上がり
▲刷り上がり!

練習用に用意されている型を使用してトートバッグに刷りました。

トータル2時間。

たまたま他に参加者がいかなったので、スタッフさんとマンツーマン!

製版の行程の中で、乳剤を塗る作業は「職人技」で力加減が難しく、
怯んでいるとスタッフの方が「慣れるので大丈夫ですよ!」と…。
確かに2回、3回と製版作業をすればラクラク!になりそうではありました。

全行程を終えてみて、正直、これを完璧にマスターして
後も商品制作に利用するかどうかは「要検討」という結論でした^^;

こういう作業は好きだからとても楽しいんですけどね!

※現在、ZUKKY Factoryで販売しているTシャツ類は、印刷を外注しています。

とはいえ、シルクスクリーンの構造、行程、原理を学ぶ事が出来たので良かった。

そして、難しく手間が掛かる行程にも楽しかったです!
私はこういう作業がホントに好きなんだなぁと再確認。

ご興味のある方は是非体験してみてくださいね!

次回は刺繍ミシンの講習を受講予定です☆

Maker’s BASE
http://makers-base.com/
その名の通り、シルクスクリーン、木工、陶芸、刺繍ミシン、3Dプリントetc…
いろいろ出来るシェア工房です。
▽ ずっきーの素直な感想 ▽
本格的に商業ベースの「第二の工房」として日常的に利用するに時間的にも金銭的にも厳しい(;_;)
(私は都内下町在住。同じ都内ですがそれでも…)
工房として使うなら更に近場の方、予算に余裕のある方ならアリ!
「技法がどんなものなのか体験してみたい!」という方にオススメ☆
イベント・ワークショップめっちゃ充実しています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


“料金一覧表”

“デザイン例”

“ロコデザインスタートアップキャンペーン”

過去の記事(月別)